マンション購入

仕事でもプライベートでも仲良くさせてもらっている先輩が新築マンションを購入したと聞き、早速遊びに行くことにした。

新居は市街地ではあるがJR沿線の駅から徒歩1分のところにあり、駅から屋根伝いに雨に濡れずマンションに入れる造りになっていた。
その日は日差しが強かったので陽に当たらずにマンションに入れたのは本当にありがたかった。
敷地内にある24時間営業のスーパーで飲み物とたこ焼きパーティーの材料を購入していざ新居へ。

建物に入るまでに2度セキュリティー抜群のドアを通り、エレベーターで3階へ。
このくらいの階数だと階段も利用しやすい。

部屋のドアの前で最後のチャイムを鳴らしていよいよお部屋拝見。

3LDKの間取りとバルコニーのような広々としたベランダが特徴的でとってもステキ。
フラットなバイアフリーな床は赤ちゃんからお年寄りまで歩きやすい。

一通りお部屋を見せてもらった後は、たこ焼きパーティの準備。
たこだけではなく、ウィンナーやエビなどのいろんな具材を入れて美味しく楽しい女子会を始めることした。

話題はもちろんマンションを購入した経緯について。
参加者の多くは急に新築マンションを購入したと聞いてびっくりしていたのだ。

先輩曰く「夫婦揃ってたまたま予定が全くない休日にたまたまポストに入っていた折込チラシで建築中のマンションの内覧会を知り、近くだったので行ってみると急に賃貸で家賃を払い続けることがもったいなく感じて購入意欲が沸いてきた。」とのことだった。

こういうとセレブが衝動買いしたように聞こえるかもしれないが、先輩は私と同じ中小企業に務める普通のOLでキャリアウーマンではないし、ご主人も普通のサラリーマンで役員などではないごく一般的な所得の夫婦だ。

敷地内にはスーパーだけではなくクリーニング店、100円ショップ、美容室、動物病院、居酒屋、塾などがあり、他にも徒歩20分圏内に保育園、小学校、中学校や総合病院とショッピングモールまであるという充実っぷり。
それに加えて二人の実家まで車で20分圏内という立地が決め手となったそうだ。
最大のネックになる購入金額についても、以前支払っていた家賃に少し上乗せする額でなんとか収まる返済プランが組めることが分かり、他の物件は特に見ることなく購入を決めたという。

人生最大の買い物をこうもサクサクと決めていく先輩夫婦の決断力には本当に尊敬させられる。

ついつい欲張ってあれもこれもと条件が増える度にリサーチの時間が長くなり疲れきってしまう私はたこ焼きを頬張りながらこっそりと反省した。