リゾートマンション

結構なまちなかに立地する分譲マンションで、夏祭りにはメインストリートになる場所、そして、ちょっとリッチなデパートの真向いにあるマンションの広告を新聞で見つけました。

近頃よく宣伝している新築のマンションと変わらない物件だろうなと思いつつ、立地の良さにつられてその広告をじっくり見てしまいました。

マンションに住む予定なんてないですが、夢見てみるのは嫌いではありません。

あまり高いところは苦手なので、実際に住むのは難しいと思いますが、落ち着いた広いエントランスとかエレベーターで部屋まで上がっていくとか、私の中では映画のワンシーンのような憧れがあります。

その分譲マンションも広告をじっくり見てみると、間取りは何のことはないどこにでもある3LDKの物件でした。

私は畳が嫌いでフローリングしか住む気がしないのですが、いまどきの、一般的なマンションには必ずと言っていいほど畳の部屋がくっついていて、広告を見るたびにがっかりうんざりするのです。

期待を裏切られた気分で内装の詳細な説明とか、設備とか、に目を通しながら、ふと広告を裏返すとそこに大きく、最上階に温泉完備という文字が踊っていました。

マンションの最上階に温泉があるなんて想像したこともなかったのでかなり驚くとともに俄然興味がわいてきました。

とはいえおいそれと購入できるような額ではないので、やはり空想の域を出ませんでしたが、温泉にお家からすぐ行けるなんてなんて贅沢なんだろうと感動してしまいました。

ガラス張りで、周りの景色を見ながらお湯につかれるつくりになっているイメージ画が載っていました。開放感があってきっとほっとできるんだろうなあとうらやましくなりました。こんなマンションならいつか住むことを考えて準備するのも悪くないなあなんて自分勝手にほくそえんでしまいました。

それにそこのお風呂に入り行けば、自分の家のお風呂はあまり使わなくて済むだろうから水道代の節約にもなりそうだし、なんといってもお風呂掃除をしなくてもいいなんてまさにパラダイスだわと、夢が尽きないひと時でした。