我が家を建てた際に、大工さんは壁の部分に収納を作ってくれたのです。
ただ壁としないで、くり抜くような感じの収納庫です。

これは、我が家を建てた建設会社さんが、うりにしているものだと自分では思っています。
ですから我が家以外の家を建てる時にも、同じように壁を良心的な仕上げとしていると感じるのです。

ただ建設会社の社長さんが言う通りの家にと知識を頂き、私どものマイホームが仕上がっているのです。

私は小学生の子供がいて物も多く、こちらから言わなくても収納場所を考えてつくってくれる事は良かったと思うのです。

場所としては、一階の台所と脱衣場との間の引き戸があります。
その引き戸を開けると小さな扉があり、そこにいつもは使わない洗剤とかを入れていました。
実はその場所は、もし泥棒が入っても気づかれない様な所です。
その為に、家や車の予備のキーなども入れていました。

もう一か所は、その場所と反対側となるのです。
二階へ上がる、階段部分の下側となります。
その場所に収納する部分をつくって頂けたことで、掃除機やごみ袋などかなりものが置くことが出来ました。
とても有り難く思った収納場所は、生活するにもとても重宝しました。

今度また家を建てるにも、マイホームへの私のこだわりがあるのです。
とにかく家の中を整然と見せるような、造りの家が好きなのです。

でっぱりのない収納をしたいわけなのです。
家具の小さい物の、出っ張りがあるくらいです。
あと家の中の側面の部分は、壁と衣類のクローゼットがあるくらいにしたいのです。

外で使うビーチパラソルやテントなども、家の中の専用の収納庫に置きたいのです。

窓の大きさは、小さめの家にしたいのです。
大きい窓は、冬の寒さを感じる一つの原因となるからです。

現在住んで居る家は、台所に明るい感じを窓からとろう思い、大きめの窓としました。
大きい窓だけに、清潔感ある台所とはなりました。
しかし冬には、窓が大きい事で寒さをつよくしたことは失敗と思うのです。