「賃貸と分譲」どっちがお得?

賃貸分譲

賃貸と分譲のどちらがお得か?雑誌などでもよくテーマになっているのですが…
築10年の中古マンションを購入。頑張ってローンを繰り上げ返済したので、毎月の支払いは管理費と修繕積立金だけになったので、経済的には今はとても楽になっています。
ローンを払い終われば、毎月の住居費の負担が減るので、分譲の方が得な気がします。

しかし、分譲だと設備が古くなった時の修繕はすべて個人の負担になります。
今のマンションに住み始めて10年。築20年になったので色々と修繕したい箇所がでてきています。一番リフォームしたいのが浴室と洗面所の水回り。
すぐに修繕しないと困るような問題はないのだけれど、そろそろ水漏れなんかも心配です。
壁紙もだんだんと汚れてきているので張り替えたいとも思うのですが、お金もかかるしなかなか決断できません。

思いおこせばこの10年間で小さな修理は色々してきました。
まず、ガスコンロの取り換え。
引っ越してから1年たたない頃だったと思います。突然、3口あるコンロの一番よく使うコンロの火がつかなくなってしまいました。
修理でもよかったのですが、料理をすることが好きなので、思い切って新しいものに取り換えました。作業時間は半日で、費用は10万円くらいでした。

次は3年目のトイレの水漏れ。
それほどひどくはないけれど、ちょろちょろとずっと便器に水が流れている状態。
こちらは訪問修理で作業時間は2時間くらい。費用は材料費と修理費(出張費込)で1万5千円くらいだったと思います。

8年目の冬、給湯器が故障。
突然、お湯が出なくなりました。急きょ取り換えをお願いしたのですが、トイレの修理のようにすぐに工事をすることはできません。申し込んでから1週間かかりました。
実際の工事は半日で完了。費用は18万円。
給湯器が使えない間は、近くの銭湯に通うことになりまいた。

10年目、風呂場の水道からの水漏れ。
それも蛇口ではない部分からの水漏れだったので、蛇口とそれにつながるパイプ全体を交換することになりました。
訪問修理で作業時間は2時間くらい。費用は材料費と修理費(出張費込)で2万円くらい。

こうして振り返ってみると、ちょくちょく色々と修理が必要になっているなと思います。
賃貸なら管理会社に電話1本するだけで修理の手配や費用の支払いが完了するのですが、分譲だと費用だけでなく修理の手配などの手間もかかります。
そういう意味では賃貸の方が得なのかも。

賃貸と分譲のどっちが得かという結論はなかなか出ないですね。

Comments are closed.